鹿児島・福岡・大阪・京都 ジュエリーショップ ROCCA

facebook Instagram twitter

ブライダルリング選びの注意点

How To Choose

婚約指輪・結婚指輪の選び方と注意点

実はROCCAへブライダルリングを買い直しに来られるお客様が意外に多いのです。
婚約指輪も結婚指輪も「一生に一度の宝物」として購入する指輪。
しかも、けしてお安い買い物ではないにも関わらず、買い直しに来られるのは「このブライダルリングに不満」だから。
ブライダルリングを選ぶ際のポイントとして、皆様から寄せられた後悔の声を参考になさってください。
婚約指輪の選び方と注意点
デザイン
結婚指輪画像01
「いかにも婚約指輪!」というデザインで、日常のちょっとしたお出かけの場にもつかいづらい
ROCCAスタッフからのアドバイス

※ROCCAでは、お客様のライフスタイルに合わせたデザインをご提案させていただいております。例えば、婚約指輪を「パーティーなど特別な時に身に着けたい」というお客様もいらっしゃれば、「ジーンズなどカジュアルな普段のファッションに合わせたい」というお客様、「デートなどおしゃれをして出かける時に身に着けたい」というお客様など、婚約指輪を身に着けたいシーンはそれぞれです。お客様のライフスタイルや身に着けたいシーンを丁寧にお聞きし、デザインだけでなく、お客様のライフスタイル、サイズ直しなどアフターケアのしやすさ、着け心地など、何年先までも見据えたアドバイスをさせていただいております。

ダイヤが出ているデザインなので、服に引っ掛けてしまう。
ROCCAスタッフからのアドバイス

※ROCCAでは他社で購入された婚約指輪のリフォームも受け付けております。もとの婚約指輪を利用しますので、指輪に込められた想いも生かすことができ、また、買い直すよりもリーズナブルです。ROCCA専属のジュエリーデザイナーが、お客様の好みやライフスタイルをお聞きし、その場でデザイン画を描いてご提案いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

フルエタニティ/ハーフエタニティ
結婚指輪画像02
フルエタニティにしたが、子どもと遊ぶ時はわざわざ外しています。子どもの肌を傷つけるのではと不安で。
フルエタニティリングをはめていると、両脇の指がダイヤやそれを止めている爪の金属などでこすれて痛い。
ROCCAスタッフからのアドバイス

※フルエタニティは豪華である反面、石が取れやすい・サイズ直しや変形直しができない・ダイヤで指が痛いなどのデメリットもあります。ROCCAでは、そのデメリットをご説明し、快適に身に着けられる「ハーフエタニティ」をご提案させていただい ております。

結婚指輪の選び方と注意点
デザイン
結婚指輪画像03
シンプルな結婚指輪にしたが、シンプルすぎた。もう少し豪華な指輪がいいと考えが変わった。
ダイヤが出ているデザインなので、服に引っ掛けてしまう。デザインに飽きたので、着けなくなってしまった。
ROCCAスタッフからのアドバイス

※「ダイヤを増やしたい」など、ROCCAでは他社で購入された結婚指輪のリフォームも受け付けております。もとの結婚指輪を利用しますので、指輪に込められた想いも生かすことができ、また、買い直すよりもリーズナブルです。ROCCA専属のジュエリーデザイナーが、お客様の好みやライフスタイルをお聞きし、その場でデザイン画を描いてご提案いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

修理
結婚指輪修理画像
サイズが合わなくなったが、購入したジュエリーショップで「サイズ直しできない素材です」と言われた。 購入時にそんな説明はなかった。
変形したので修理依頼をしたが、修理代が高額だった。
ROCCAスタッフからのアドバイス

※ブライダルジュエリーはお2人の永遠の愛の証。だからこそ、ROCCAでご購入いただいたブライダルジュエリーは、サイズ直し、新品仕上げ、変形直しなどのメンテナンスは何回でも無料にて行います。ROCCAでは自社で製作・販売したジュエリーの情報をすべて工房で永久管理しておりますので、ご購入後にサイズ直しや修理が必要になっても迅速な対応が可能です。お2人のブライダルジュエリーを仕上げた職人がお直しも担当いたします。また、リフォームやデザイン変更のご要望にも実費にて対応させていただきます。

着け心地
結婚指輪装着画像
デザインで選んだが、毎日着ける指輪なので、もっと着け心地にこだわればよかった。
主人は結婚指輪を着けていると違和感があるようで、帰宅するとすぐ外したがる。
本当はずっと着けていてほしいのに。
結婚指輪を着けていると頭痛がしてくる。着け心地が悪いのかも。
ROCCAスタッフからのアドバイス

※結婚を控えたカップルの「結婚指輪選びのポイント」は「デザイン」なのだそう。
でも、実は、結婚して数年たつカップルからのアドバイスは「着け心地を重視したほうがいい」なのです。 ROCCAのリングは、まるで指に吸い付くような、ストレスのない着け心地。男性のような指輪に慣れてない方でも、違和感や疲れを感じず、快適に愛用していただけます。
末長くお使いいただくブライダルリングだから着け心地にこだわりたい…。ROCCAがたどり着いたのは、たっぷりの地金を使い、1つ1つ丁寧に職人の手作業で仕上げる製法。1度ご試着くだされば、その着け心地の違いが必ず分かります。お気軽にブライダルリングをご試着にいらしてください。

まるで指に吸い付くような、今まで感じたことのないような着け心地。
それがROCCAリングのこだわりです。
先日、結婚12年目のお客様が来店され、初めてROCCAの指輪を試着されました。「指輪の着け心地ってこんなに違うもの?『指輪は肩がこる』と言う主人も、この指輪なら違和感なく使えそう」とその着け心地のよさに驚いていらっしゃいました。
 
極上のなめらかさとフィット感を生み出すためのROCCAのこだわりをご紹介します。
01 2倍の量の地金を、1つひとつ職人の手作業で
一般的なリング
一般的なリング画像
一般的なリングは、バームクーヘンのような丸い型を使って作られます。そのため、指にあたる部分には角が残り、指輪をはめる時に引っ掛かりを感じます。また、コストを抑えるため、裏抜き(見えない部分の地金を削ること)を施されることもあり、これがさらなる引っ掛かりとなりますす。
ROCCA リング
ROCCAのリング画像
ROCCAのリングは、「四角のリングを職人が丸く削る」ことによって作られます。一般的なリングの2倍の量の地金を使用しながら半分近くを削りますし、1つ1つ職人の手作業ですので、無駄や手間のかかる作業に思われます。でも、滑らかな指どおりと吸い付くような感触を実現するにはこれが最適な方法。ずっとお使いいただくリングだから着け心地にこだわりたい…。
「お客様のために1番の方法は何か」と模索してたどり着いたROCCAのこだわりです。
02 耐久性の高いPt900のみを使用
プラチナに記載されている数字は、「純度」を意味します。Pt1000の純度は100%です。「純度100%のプラチナで結婚指輪を」と願う方もいらっしゃるかと思いますが、Pt1000は大変傷が付きやすく、また黒っぽいことから、結婚指輪には不向きとされています。美しく白い輝きと耐久性を高めるため、白金属のパラジウムを入れたPt950やPt900がエンゲージリングやマリッジリングにふさわしい指輪に仕上がります。
 
海外には「プラチナジュエリーはPt950以上」という規定があるため、海外ブランドはPt950を採用しています。 一方、ROCCAは、あえてPt900を使用しております。それはPt900のほうが耐久性に優れているからです。結婚指輪は毎日の生活を共にするもの。柔らかいPt950の指輪は、家事や仕事によって少しずつ変形する可能性があります。
pt900のリング画像
実際、このようなお客様の声があります。
「他店で購入したPt900と950の指輪を重ねづけしています。
正直、900の方が傷が少ないです。
(こちらの方が5年以上前に購入して、デイリーに着けていたのにもかかわらず…)
あとから購入した950の指輪の方が傷が多いです。それ位、950は柔らかいということなんでしょうか。」
 
ROCCAブライダルリングと出会った時の「吸い付くような着け心地」。購入時に感動していただいた極上の着け心地を末長く保つため、ROCCAでは強度の高いPt900のみを使用しております。
指輪をはめている男女の手の画像
pagetop
NEWSSITEMAP